Nintendo Switch、ぜっっったいに買わないと決めていたのに。

小学二年生

今年はサンタさんが娘に持ってきてくれることになりました。

私は子どもの頃ゲームを買ってもらえなかったので、ゲームで育っておらず。

「TVゲームは百害あって一利なし」と勝手に思い込んでいましたし、
なんせ小学校低学年にプレゼントするには高価すぎる!!と思っていました。

でも、娘があまりにも欲しがるので折れてしまった…。

正直なところ、私は娘の「持ってないのは私だけ」という言葉に弱いんです。

自分の幼少期に、母がとてつもなく厳かったことと、貧乏だったこともあり、欲しいものを買ってもらった記憶もなければ、おもちゃ以外のことでも様々な我慢を強いられて育ったので。

実際、大げさでも何でもなく娘の友達や、私の友達の子も含めてだいたいSwitch持ってるんですよね。

「幼い子どもに3-4万円するプレゼントをあげるなんてどんな親だ!」とずっと思っていましたけど、私もその仲間入りをしてしまった…。

購入は近所の家電量販店で。
歳末セールのDMとともに、Switchの優先購入券がついていたので抽選でもなく普通に購入。

あつ森セットに5年保証がついて4万2千円ほどでした。
高い…(泣)けれど、購入したからには心のもやもやを消さねば。

私と反対にゲーム好きな夫は、娘に乗じてSwitchで遊べることに内心喜んでいるのではないでしょうか(笑)

子どもには高価だと言いつつ、自分が欲しそうだったし。

まぁ、今までゲームをほとんどしてこなかった娘がSwitchを使いこなせるかどうかもわからないですし、せっかく購入したんだから夫と二人楽しんでもらいたい。

 

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました