4月からの英語学習

お勉強
「ラジオビジネス英語」が始まりました!

テキスト読むだけで楽しい!
わくわくする!

週5放送の内容はコチラ。

★月・火曜は「ビジネス英会話」。実際のビジネスシーンですぐに使える、ワンランク上の英語表現を習得します。
★水曜は「ビジネスメール」。日本人が作成しがちな“惜しいメール”を添削する形式で、スマートな書き方を解説します。
★木・金曜は「インタビュー」。アフターコロナなど旬なテーマで世界各国の識者と講師が対談。ビジネスに欠かせない「洗練された表現力」を身につけます。

NHK出版HPより

内容盛りだくさんですねー。

こんなに詰め込んで、柴田先生途中で息切れしないだろうかと心配しましたが、
こちらは通年新作ではなく後期(10月〜3月)は再放送なのですね。

私としても、後半再放送してくれた方が気負わず取り組めて有難いです。

月・火の「ビジネス英会話」、水の「ビジネスメール」は仕事で使えそうなので
しっかり取り組もうと思う。

木・金のインタビューは、「実践ビジネス英語」の時のように、
先にテキスト精読して聞き取りに挑戦する流れにしようかな。

恐れていた杉田ロスに浸る間もなく
え、NHKラジオ「実践ビジネス英語」終了なの?!
「実践ビジネス英語」3月号のテキストを購入。 届いてすぐに、表紙に書かれてあった「最終号」という文字が目にとまりました...

「実践ビジネス英語」の最終回は涙涙でした。

しかし、最終回を迎える頃には、私の手元に新作の「現代ビジネス英語」があり、
早速翌日から取り組んでいるのでロスはなかったです。

正直、ムック本なので少し物足りなさはありますが。

「ラジオビジネス英語」でスキット覚えたりディクテーションしたり、やること多めなので、
「現代ビジネス英語」は、気軽に杉田先生のレッスンを楽しむことを目的に続けていきたいです。

プラス、技術英語を学びます

英文読解力向上のため、今まで取り組んできた下記は
やめることにしました。

  • キクタンTOEIC(R) L&Rテスト SCORE 990
  • 英文解釈教室

「英文解釈教室」はやめることにしましたが、
英文読解力を磨く教材としてはとても良かったです。

難しくて、手ごたえがあって、理解できた時の喜びときたら。

しかし、内容が今の業務に直結していたほうが良いと思い、
テクニカルライティング(技術英語)を学びながら関連文書を英語で読んで
読解力をつけていこう作戦に変更することにしました。

専門分野の翻訳講座(通信)を取るのが、
てっとり早くて体系的に学べるかなと一瞬思いましたが。

翻訳講座、今まで基礎コースばかりで専門コースは受講したことないけれど
何度か受講して失敗してるんですよね…。

少し前に思いついたことなので、まだ具体的に考えていないけれど、
翻訳の通信講座は取らずにやってみます。

下記本棚に眠っているのだけれど、教材として良いかも知れない。
あと工業英検のテキストとか。

学習時間としては、

  • 「ラジオビジネス英語」 平日30分〜1時間/日
    (「現代ビジネス英語」は移動時など隙間時間に)
  • テクニカルライティング 週末2〜3時間/日

ちょいとゆるいけれど、こんな感じで進めてみようかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました