私たちは今、コロナにかからないためだけに生きているのかな

ひとりごと

※あくまでも、私個人の考えです。

3度目の緊急事態宣言が発出されましたね。

GWに友人家族とキャンプを予定していた我が家ですが、キャンセルに。
その他のお出かけの予定もなくなり、まぁ仕方ないという感じです。

この感染者急増の中、人の集まるところへ行くのは控えなければいけない。
自粛はわかる。

けれど。

政府や自治体の言うことが、段々とおかしくなってきてないですか?

居酒屋にアルコールの提供を自粛しろと言ったり、
大阪市の小学校は給食のみ登校するとか、しないとか。

ちなみに、娘の小学校は短縮授業になりました。
短縮の分、家庭での自主学習を増やす目的で宿題が増えます。

今後に備えて、オンライン授業の練習するでも何でもなく。
1-2時間の家庭学習を増やすと。

―もう、通常通りで良くね?

短縮授業で児童の感染リスクが減るという、児童のために考えられたご判断と信じます。

GW中は公園も閉鎖されるかも?

近所に大きな公園が2つあり、私のランニング場所なのですが、GW中人が集まるのを防ぐために閉鎖されるかもしれません。

GWはお出かけが中止になり、ランニングに勤しむつもりだったので、本当に閉鎖されるとなるとショックです…。

近所の道路を走るのと、緑でいっぱいの公園のランニングコース走るのとでは全然違いますから。

昼夜、公園でアルコール飲んでばか騒ぎしている集団は論外。

けれど、気分転換に家族で散歩したり、健康のためにランニングしたりするのはいいんじゃないかなと思うんですけど。

公園での集団ばか騒ぎと、家族のささやかな外出(お散歩)の線引きは難しいのでしょうね。

GW中、公園が混雑してたらきっと、マスコミは騒ぎまくるでしょうね。
「緊急事態宣言下にも関わらず、こんなに人が!!」って。

そういや、図書館も休館。

コロナ流行後は、図書館で喋っている人見たことないのに。
せめて、予約本の受け取りのみとか、無理なのだろうか。

コロナにさえかからなければいいの?

そういう空気になっていることに恐怖を感じます。

そして、相変わらずコロナにかかれば、非難の的になる風潮。

外出を控えて、家にこもるということ。

今大切なことですが、それで健康を保てるのでしょうか?

コロナにはかからないかもしれない。

でも、心を病んだり、別の病気にかかるリスクは増える。

特に引きこもりで免疫力が低下すれば、癌にかかるリスクが高くなります。

家にこもりっぱなしで、癌にかかったとして。
「でもコロナじゃなくて良かった」と言うのでしょうか…。

家族に会えず弱ってしまい、亡くなった義祖母

今年の初めに、老人ホームに入居中だった主人の祖母が亡くなりました。

家族の面会が長期間叶わず、心が弱ってしまって、ご飯が食べられなったことが原因です。

危篤状態で病院に移った後も、面会は禁止。
家族は別室でカメラから話かける、ということをしていました。

この時は2度めの緊急事態宣言中でしたから、病院の対応もわかるのですが。

死の直前でも、手を握って話かけることが許されなかったこと。

本当に心が痛みます。

感染者の急増も怖いけれど、世の中が段々おかしな方向に進んでしまうのではないか。
そう危惧しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました