産休代替派遣について思う。過去に1度だけ、職場で泣いたこと。

過去の仕事
私は二度とやりたくない

先日、求職中の友人より「派遣会社から産休代替派遣を勧められたけど、どうか?」と聞かれました。

私自身は、数年前に半年間の産休代替派遣を経験しています。

結論を言うと、その時身につけたスキルは今でも重宝していますけれど、
二度とやりたくありません。

友人の場合、やりたい職種があるけれど未経験。
未経験可能な応募先がない中で、唯一産休代替派遣であればあったとのこと。

産休代替派遣とは、産休・育休中の従業員の代わりとして、派遣先に勤務することです。

ご存知の方も多いと思いますが。

一般的なメリットとしては、

  • 期間限定であるため、ライフプランに合わせた働き方ができる
    (数ヶ月~1年後に引っ越しや結婚を控えている場合など)
  • 希望者が少ないため、未経験でも働ける可能性があり、経験値を上げるチャンスになる

デメリットとしては、

  • 契約期間が決まっており、派遣先で何年も働くことは困難
  • 引き継ぎ期間が十分でない可能性がある
    (引継ぎ期間中にいきなり産まれそうで入院、という可能性もある)
  • どんなに頑張っても、所詮は代理でしかない

でしょうか。

半年間の産休代替派遣を経験した私の話

ここからは私の経験になります。

数年前、長年勤めた会社を退職し、別の職種での転職を考えるにあたり、Excel&Wordを使用した実務経験がありませんでした。

退職した職場では、専用のシステムを使用していたため、PCスキルは必要なかったのです。

けれど、転職にあたりPCスキルは必須。

その時に紹介されたのが、営業事務の産休代替派遣でした。

コーディネーターさんが言うには、

  • 1年契約だけれど、延長の可能性大いにあり
  • Excelの使用がメインの仕事で、ちゃんと教えてもらえる
  • 同じ派遣会社から派遣されている人もいて、皆働きやすいと言っている

とのことでした。

そして…

派遣されて1ヶ月後の派遣会社との面談で、辛いと泣く事態に。

後にも先にも、職場で泣いたことはこれ1度きりです。

仕事がなかった

産休代替の派遣社員は、産休中の社員の仕事をするのが一般的です。

しかし、私の派遣先は、正社員と派遣社員に与えられる権限が異なるため、他の社員が産休中の社員の業務をしていました。

そして、私に与えられた業務は雑務で、出社して1時間以内に終わってしまう程度の仕事量だったんです。

他の社員はとても忙しく、新しい仕事を教えてくれる気配もない。

10時の時点ですでに暇で、何度もトイレに行き、時計とにらめっこ。

派遣会社との面談で、仕事を増やしてほしいと泣いて訴え、何とか仕事を増やしてもらうも10分で終わってしまうという。

今まで、職場で理不尽な事言われたり、辛い思いもいっぱいしてきましたが。
仕事がないほど辛いものはない、と痛感したのでした。

話が違う

途中、育休中の社員が早期に復職することになり、1年間の雇用予定が半年に変わりました。

まぁ、これは早めに去ることができて私的には良かったんですけど。
(自分では辞めたいとなかなか言えなかったから)

育休社員が復職を早めたことで契約期間が短くなり、困っている派遣社員もいました。

早期の復職は、保育園との兼ね合いもあるでしょうから仕方ないと思います。

でも、契約期間短縮の可能性もあると、派遣会社はちゃんと話すべきだったのでは?
と怒りで頭がいっぱいになりました

結局のところ、

・1年契約だけれど、延長の可能性大いにあり
→逆に、契約期間短縮になった人の方が多かった(新年度を挟んだから特に?)

・Excelの使用がメインの仕事で、ちゃんと教えてもらえる
→PC使用どころかその他の雑務でさえほとんどなく、自分で学んだ(後述します)

・同じ派遣会社から派遣されている人もいて、皆働きやすいと言っている
→確かに良い人は多かった。社員の方たちとの雑談も楽しかったし。
でも皆、次更新されるかどうか怯えてたよ…。

―話が違うじゃないか。

でも、人気のない産休代替派遣なんで、ポジティブなこと言って人を囲い込まないとダメなのでしょうね。

良い勉強になりました。

Excelのスキルはほぼ独学で

Excel使用の機会はありました。

まぁ、毎日1時間で終わってしまう業務のうちの20分程度でしたが。

それでも、VLOOKUP関数や、ピボットテーブルを使った集計を業務上で行ったことにより、Excelについて興味を持ち、暇な時間に自分で表作ったり他の関数覚えたりしていました。

一応、履歴書にも「業務で使用した」と書けるようになりましたし(短時間だけど嘘じゃない)。

そして、その後の転職先ではExcelもWordも使用する仕事だったので、半年間の辛かった産休代替派遣が活かされたことにはなりますが。

産休代替案件に応募する場合、気をつけるべきこと
  • 引継ぎ期間について
    →特に未経験で応募する場合は、十分な引継ぎ期間がないと大変かと思います。
    未経験可でも、結局求められるスキルは、産休社員と同じレベルだったりしますしね。
  • 求められるスキル、与えられる業務内容を具体的に聞く
    →「頑張ってPCスキルを身につけるぞ!」と、私のようにやる気満々で臨んでも、実は産休社員の仕事ではなく雑務だった、という可能性もあります…。
  • 与えられる業務は、他の社員でも知っている業務なのか?
    →産休社員しか知らない業務だと、産休に入った後聞ける人がいなくて困ります。

あとは、派遣先が産休代替派遣に慣れている所のほうが良いかも知れません。

まぁ、私の派遣先も産休代替派遣が何名もいましたけれど。

でも、私の配属された部署にとっては、私が初めての派遣でした。
そのため、上手く扱えなかったのかも知れません(他の派遣社員で「暇」という人はいませんでしたから)。

以上を踏まえて、どれだけ探しても、未経験可が産休代替しかないのであれば、応募しても良いと思う。
でも、派遣先の環境や、引き継ぎの仕方によっては、激しく後悔する可能性もあり、と友人には伝えました。

産休代替で未経験を経験に変えて、上手くキャリアアップできると良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました