『ストレスフリー超大全』樺沢紫苑

読書

(線引いたりメモったり、忙しかったな)

読み応えあり、お得感でいっぱいの本です。

精神科医・樺沢先生の本は今まで何冊も読んでいるし、
YouTubeもよく見ているので内容かぶるかな、と思っていたのですが。

確かに、過去に見聞きしたような内容もありましたが、
いちいち心打たれたのは何でだろう(笑)

この本では、何十冊もの樺沢先生のおすすめ本が
テーマに沿って紹介されていることも、お得を感じる理由の一つ。

一つのテーマに情報がいっぱい詰め込まれていて、
けれど書いてあることは全く複雑ではなく。

樺沢先生の本はどの本もがわかりやすく、簡潔で読みやすいからとても好きです。

特に心打たれたのは、「自己受容」について書かれたところ。

私はずっとずーっと、自分の性格に抗ってきたんですよね。
でも、抗えば抗うほど上手くいかなくて、失敗ばかりで、涙することもあります。

(こころの病気を)「治そう」「治そう」と必死な患者さんほど、
病気が治らないそうです。

「治そう」と考えるのではなく、
「新しい自分にアップグレードすることが大事」

―そう本の中に書かれてありました。

アップグレードすることだけに集中する。
そうすると、いつの間にか病気のことを気にしなくなったり、忘れてしまっている。
それが「受け入れ」であると。
(そして、症状も良くなっている)

「ありのままで」って流行りましたよね。

でも私は、「ありのままで良い」「ありのままの自分を受け入れる」
という言葉にピンときませんでした。

だって、ありのままの自分を良しとしてしまったら、
周りに迷惑をかけてしまうと思ったから。

そうか、自分を進化させていけばいいのかと、
この本を読んで、ストンとお腹に落ちました。

そして、本書で書かれていた「自己受容の4行日記」も早速実践。

「それでいい」と自分に言い聞かせ。

―うん、何か元気でてきた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました