家の中で走り回る子ども、夜泣き。喉元過ぎれば、なのかな。

日常

マンション上の階の騒音に悩まされています

一瞬「地震か?!」と思う時もあり。

子どもが走り回る音、何かの作業をしているような音、ステッパーを踏む音。
早朝から夜遅くまでとてもうるさく、「ゴンゴン」「ゴロゴロ」「バタバタ」と響いています。

あまり神経質でない私でさえちょっと耐えかねている状況で、
「今から上に言いに行ってくる!」と夫はブチ切れ、とめました。

だって、今でこそ家の中での動きが少なくなった娘(7歳)も、ほんの少し前までは家の中で走り回っていましたし、わんこが生前元気だった頃は家の中でボール遊びすることもありました。

うちは廊下も含めてすき間なくフロアマットを敷いていましたが、
自分の家の騒音って、階下にどのくらい響いているかわかりませんよね。

時期は違えど自分たちも階下に迷惑をかけていたかも知れず、文句は言えないと思ったんです…。

 

下の階の赤ちゃんは夜泣きがすごい

さらに。
下の階の赤ちゃんは結構泣いています。

今の時期涼しいので窓を開けっぱなしにしており、夜泣きがモロに聞こえてきて、夜中に起こされることもしばしば。

これもね、
夜通し赤ちゃんがなくって、お母さんは本当に本当に辛いししんどい…。

娘がまだ赤ちゃんの頃、マンションのネット掲示板に

「赤ん坊の泣き声がうるさい!なぜ赤ん坊がいる家は窓を閉めっぱなしにしないのか」

と書かれているのを見て、心を痛めたものです。

(うちのマンション、娘と同い年や年の近いお子が60人以上いるので、どこのお宅について書かれているのかわからなかったのですが)

先日はあまりにも絶え間なく泣いているので、自分ちの窓を閉めて冷房つけました。

それで思ってしまったんです。
「窓しめてくれたらいいのにな」って。

 

喉元過ぎれば熱さを忘れる、なんでしょうか。

うちの娘だって赤ちゃんの頃よく泣いていたし、
家中走りまわって「静かにしなさい!」と怒っていた時期もありました。

よく保育園建設に反対したり、公園で遊ぶ子たちがうるさいと苦情を言うご年配がいるじゃないですか。

「自分たちも子ども育ててきたんじゃないのか?!」

と思っていましたが、喉元過ぎればなのでしょうね。

私も同じなのかな。

在宅勤務が終わればほとんど家にいないし、夜泣きも一時期でしょうし。

がまん、というか静かに見守りたいです。

けれど悩まされているのも事実で。
気持ちを割り切るのは難しかったりするものですね。

 

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました