在宅勤務下では、社畜上司に歩み寄ることも大切

仕事

まだ在宅勤務しています

毎週、うちの会社では週の半ばくらいに「在宅勤務を〇月〇日まで延長します」
とアナウンスがあります。

いずれは「出社再開します」のアナウンスに変わるはずなので、
毎週このアナウンスをドキドキしながら待っていますが、
東京の感染者が100人を超えたからでしょうか。
今週は期間長めの延長になっていました。

副業の取引先の一つは、「社員には在宅勤務させています」
というアナウンスが緊急事態宣言前から流れていたけれど、
実は皆さん出社されていたみたいで…(ホワイト企業を装うためか?)。

緊急事態宣言下で在宅ワークが上手くいっていたにも関わらず、
解除後は出社再開し、感染者増加のため「在宅勤務に戻せ」
という声も今増えていると聞きます。

本当にその業務は、コロナ禍に満員電車に乗り、出社しないとできないものなのかどうか、
勤務先が出社再開の決定を下す際は、良識的な判断に基づいた上でアナウンス
してくれることを願います。

 

出社して仕事をする意味って何?

私の仕事に関しては、リモートでチームのメンバーと意思疎通がうまく計れないことがあり
困難を感じることが多少ありますが。

パフォーマンス自体はそこまで落ちていないですし、
何より通勤で使うはずの時間を家事に充てることができる(時間が増える)
というメリットが大きすぎて、このまま在宅勤務が続いてほしいなと思っています。

先日この記事が目に止まりました。

「緊急事態解除で、テレワークを終息させたがる昭和上司の”社畜ウイルス”を駆逐する方法2つ」

「昭和上司は五感をフルに活用した“体感マネジメント”」をしたいのだと。
「体感マネジメント」ね。なるほどー。

また、
「マネジメントはジョブ型ではなくメンバーシップ型の仕事であり、
遠隔になるほど困難さが増して、多くの労力やエネルギーを必要とします。」

―連日のすき間のないオンライン会議で、我々の上長も疲弊していると聞きました。
リモートでマネジメントはなかなか大変なのですね。

とはいえ、在宅勤務で問題ない私たちまで出社を強制する必要はないかと思いますが。

この記事でも書かれているように、日々の業務で自己完結するのではなく、
こまめに報連相してみたり、サポートを申し出てみたり、
マネジメントの大変さを思いやったりして歩みよりたいものです。

 

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました