ヴィクトール・E・フランクル『夜と霧』

読書

ユダヤ人で精神医学者である著者の、ナチス強制収容所体験記。

テーマは重いですが、あっという間に読了。

精神科医の観点で淡々と書かれているためか、
思ったより暗くならずに済みました。

これを読んで、今の豊かな時代に希望を持とうとか、幸せを感じようとか。
そんなことを期待して読んだわけではありません。

強制収容所での生活があまりにも想像を絶するもので、
どう頑張っても実感できないと思ったから。

しかし、読み進めると、人ごとで読めるような本では全くなく、
心突き刺さる場面が数多くありました。

人間ひとりひとり、このような状況にあってもなお、
収容所に入れられた自分がどのような精神的存在になるかについて、
なんらかの決断を下せるのだ。

典型的な「被収容者」になるか、
あるいは収容所にいてもなお人間として踏みとどまり、
おのれの尊厳を守る人間になるかは、
自分自身が決めることなのだ。

どうにもならない極限状態で、感情が消滅してしまった人がいる一方、
「わたし」を見失わなかった人も一定数いる。

「精神の自由」は残されているのだ、と。

あらゆるものを奪われた人間に残されたたった一つのもの、
それは与えられた運命に対して自分の態度を選ぶ自由、
自分のあり方を決める自由である。

自分を待っている仕事や愛する人間に対する責任を自覚した人間は、
生きることから降りられない。
まさに、自分が「なぜ」存在するかを知っているので、
ほとんどあらゆる「どのように」にも耐えられるのだ。

私たちは、たとえどんな状況にあっても、
どういう行動を取るのか、
どう考えるのかを自由に決めることができるのです。

とはいえ、あまりの苦しみが自分に訪れた時、
自分を見失しなうことのなく、冷静な判断ができる自信はないけれど。

それでもとても心が動かされました。
もう一度、もっと深く読みたい。

実は原書も持っていたり。
特に心に残った部分を読んでいます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました