「ちゃお」のコスパが良いという話

小学二年生

付録にコナンの漫画とか、お掃除ロボとか豪華だな。
私が小学生の頃の少女雑誌の付録ってこんなんじゃなかったよ。

娘の「ちゃお」デビューは去年の秋ごろでしょうか。

付録にアイカツカードがついてくるから買ってほしいと娘が言い出しました。

ちょうど少し時間長めの私の用事に付き合ってもらう予定があり、
外出先であの分厚い本とアイカツカードを眺めて過ごしてもらおうと購入。

漫画はもちろん新連載ではなく途中からのものが多いはずで
もしかすると付録だけ楽しんで読まないかもと思っていたのですが、
隅から隅まで読んだり眺めたりしていました。

「ちゃお」、外出先で想像以上にいい仕事をしてくれたんです。

当初は毎月発売していることを知らなかった娘。
今年に入ったあたりから発売日を気にするようになり、今では毎月買ってあげています。

 

私の少女雑誌デビューは小3の頃の「りぼん」です。

当時390円くらいだったかな?

月のお小遣いが300円で足りず、祖母の家に遊びに行った時に買ってもらったり、
通院していた耳鼻科で読んでいた記憶があります。

4年生になるとお小遣い(400円)をもらったその足で本屋へ買いに行っていました。
そこでお小遣いがなくなってしまうわけなんですが。
途中で妹にも半額?1/3?くらい出してもらっていたことを覚えています。

で、何もしなくても「ちゃお」を買ってもらえる娘の環境、贅沢すぎやしないか?と。

我が家はまだお小遣い制も導入しておらず、今流行りの「ママペイ」ってやつも面倒になって早々にやめました。

たまに「贅沢だな」ともやもやしながら買ってあげてるんですけど。

 

でもうちはスイッチないしね、と言い聞かせています(笑)

だってスイッチなんてソフト入れたら3.5万円ですかね?

周りのお友達はほとんど持っているようですが、我が家は今のところ買ってあげる予定もないので(売ってもいないし)無条件に「ちゃお」を買い与えてもよかろうと自分に言い聞かせたり。

買ってあげるとかなり真面目に読んでいます。
子どものおもちゃがほとんどない実家へ帰る時も、ちゃお1冊持たせると結構長い時間読んでいますしね。

コスパ良いなと思います。

 

お読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました